20代彼氏が喜ぶカフスのプレゼント・選び方とおすすめブランド

2015-01-23_175047

簡単にカフスと呼ばれる、カフリンクス(カフスボタン)。

女性から男性にプレゼントする時に選ぶ時のポイントとおすすめのカフリンクス ブランドを紹介していきます。

photo by viviannedraper

 

カフス選びのポイント

カフスを探す前に、抑えておきたいポイントをまとめました。

専用ワイシャツが必要

カフスは普通のワイシャツでは使う事はできません。「コンバーチブル」タイプや「ダブルカフス」タイプと言われる袖口のシャツにだけ使う事が可能。

もし彼が、一般的な「シングル」タイプの袖口シャツしか持っていない場合には、せっかく買ったカフスを使う事ができないので注意が必要です。

カフリンクスの種類

カフスはその留め方の形状でいくつかの種類に分かれます。

スウィヴル式・swivel

よく見かけるカフスのほとんどのタイプ。

T字の形のバーがカフスに繋がっていて回す事でI字になってシャツに装着し、再びT字になるように回す事で固定します。

誰でも簡単に装着する事ができますが、ツウな人から見ると、ちょっと味気なく見える場合もあるみたい。

スナップ式・snap

いわゆる普通の衣類でも見かけるような凸凹になったスナップボタンをパチンと留めるタイプ。

構造上、カフリンクスが完全に2つに別れるため紛失しやすい可能性もありますが、立体的なデザインも多く、意外に上品に見えます。

チェーン式・chain Link

イギリス式のカフスに多いスタイルでチェーンで2つのカフリンクス(フェイスとバッキング)を繋いだ形をしたカフスです。

オシャレ度はかなり高モダンクラシックなスタイルは男子の憧れ…とても上品に見えるおすすめアイテム。

カフリンクスの合わせ方

カフスの【デザイン】部分となるフェイスには、様々な素材や形、デザインがあります。カフス選びで一番目がいく貰った男子も気になる部分なので一番大事なところ。

カフス単体のデザイン性も大事ですが、彼のコーデもイメージしながら選んであげると失敗が少なくなります。

シルバーやゴールドタイプ

どんなシャツとも合わせやすいタイプ。普段使いはもちろん、フォーマルなシーンでもOKで使いまわせるデザインのものが多いです。白シャツとの相性もばっちり。

シンプルデザインのシルバーやゴールドタイプはカフス選びに迷ったらベストチョイスしてみて下さい!

宝石や輝石等の装飾付タイプ

シンプルデザインのものであれば、ストライプ柄のシャツで反対色で合わせたり、少ししっかりしたデザインであれば同系色の柄なしカラーシャツとのコーデがベスト。

少しカジュアルなスーツでもOKな職業であれば使いやすいカフスになります。

 

カフリンクスのブランド

カフスを日常的に使っている人がよく利用しているブランドは以下の通りです。

  • ダンヒル
  • タテオシアン
  • サイモン・カーター
  • バーバリー
  • フェラガモ
  • ロエベ

ダンヒルは、特に40代前後の落ち着いた男性に人気、タテオシアンはカフス専門ブランド。

いずれも、最低1万5千円程度からとなかなかの高額カフスなので、ちょうど、男性が女性にジュエリーを贈るぐらいの金銭感覚は必要かも。

彼に特別なプレゼントを贈りたい時には、こんなブランドカフスが喜ばれます。

 

カフスを選べるおすすめサイト

高品質なカフスを売ってるカフス専門店 「CUFF STORE」がおすすめ。

2015-01-23_172959

世界の新作カフスやアンティークカフスを取り扱うサイトでカフスの種類が圧倒的に豊富です。

売れ筋の商品品は、1500円~5000円程度の選びやすい価格が多いですが、いわゆるブランドカフスの取り扱いも豊富なため選べる幅が広いです。

1

ブランド別・ 色別はもちろん「クラシック」「 メッセージ」「スタイリッシュ」「動物モチーフ」といったジャンルから選ぶ事ができます。

専用ケース付のギフトラッピンも行ってくれるので、誕生日プレゼント用のカフス選びに最適なサイトです。

詳しく見る

 

スポンサードサーチ

 

売れ筋「プレゼントランキング」
4自分でデザインできる革財布
13色の本革を組み合わせて自分で作る財布。スマホからでも簡単に作成して、そのまま注文できます。
詳しくはこちら
4お揃いのアクセサリー
名入れもOKなペアアクセサリーは、男性(カレ)でもつけやすいシンプルタイプが人気です。
詳しくはこちら
4天然石アクセサリー
色々な運勢的な意味を込めてプレゼントできるアイテム。自作できるのも魅力。
詳しくはこちら



同じカテゴリ「 小物 」内のおすすめ記事



スポンサードサーチ


サブコンテンツ