彼氏と結婚するために同棲する時に絶対に気をつけること6つ

1

彼氏と結婚するため、貯金のために同棲する時や、充電期間として一緒に住みたい時。

そんなタイミングで意識しておきたい事、気をつけておきたい事例をまとめました。

photo bybailey.foster

 

 

結婚前の同棲のメリットとデメリットを知る

1

まずは、結婚を前提として同棲する時のメリットとデメリットを把握しておきましょう。

ずっと一緒にいる事ができる。お互いが助け合える。など楽しい事もある反面、これまでは分からなかった嫌な部分も見えてくるもの。

「嫌な部分が見えない」というケースはかなり稀なので、事前にそんな心構えも持っておいた方が良さそうです。

また、大学生、社会人等、付き合っている彼氏によって、それぞれのメリットやデメリットも変わってきます。

 

結婚式の目標金額を決める

1

必ずやっておきたいところがこれ。

彼氏彼女の関係の時に「お金」の話をする事は、なんとなく現実感があって嫌なものですが、結婚を前提にするなら、これから何度も遭遇する問題です。

いくら貯金する? どれぐらいの資金が必要? といったリアルな数字を把握して、お互いにちゃんと話あっておくべき。

最初は抵抗があるものの、具体的な数字が決まる事で、同棲中にケンカしそうになったり、ちょっと嫌な事があって意外に頑張りやすくなるものです。

▶関連:彼氏と結婚貯金で同棲する時・失敗しない貯金額の目安とコツ

 

同棲に最低限必要なものを知る

4

実際に同棲に必要なものはいくつかありますが、それも事前に理解しておきます。

すでにどちらかが一人暮らしをしていて、居候のような形で同棲をするなら、この部分が少しラクになります。

▶関連:彼氏と同棲する時に最低限必要なものはこの4つ!

 

スポンサードサーチ

 

同棲に適した間取りを選ぶ

5

新しく一緒に同棲を始める時は、どんな間取りにするかを決めなくてはいけません。

間取りの小さな物件なら、家賃を安く抑える事ができるので貯金はしやすくなる一方、お互いの個人的に時間が少なくなり、ストレスが溜まってしまう場合もあります。

一方、間取りがいくつかあるタイプであれば、こういったストレスは軽減される一方で、貯めれる貯金額もそれなりです。

どちらもメリット・デメリットがあるので、お互いの生活リズムや金銭を踏まえつつ決めていくようにします。

▶関連:「ケース別」彼氏との同棲で失敗しないおすすめの間取り4例

 

同棲中のルールを決めておく

2

物件も決まって、いざ住める状態になった後は、実際に同棲中のルールを事前に決めておきます。

綿密に決める必要はありませんが、一定の決まり事があった方が無難。

同棲中の女性側の悩みとして、ほとんど場合「彼氏が家事を全然やってくれない」という意見が多いためです。

 

同棲中のイライラを防ぐ

3

同棲生活を送っているなかで、ちょっとした事が原因でケンカになったり、イライラさせられる事もあるはず。

同棲前であれば、お互いの時間があるので一旦リセットできますが、同棲中はこの「リセット時間」を持つ事がとても困難になるので、別の切り口で解消法を覚えておいた方がベターです。

▶関連:彼氏との同棲でイライラする7つのパターンとうんざり解消法

同棲すると、なんとなくお互いへの感謝の気持ちや「ありがたみ」のようなモノも薄れてしまいがち。

気持ちを込めてプレゼントを用意しておいて上げる事でも、イライラやマンネリ化を防ぐ事ができるはずです。

▶関連:同棲中の彼氏の誕生日にサプライズしやすいプレゼント3つ

 

スポンサードサーチ

 

売れ筋「プレゼントランキング」
4自分でデザインできる革財布
13色の本革を組み合わせて自分で作る財布。スマホからでも簡単に作成して、そのまま注文できます。
詳しくはこちら
4お揃いのアクセサリー
名入れもOKなペアアクセサリーは、男性(カレ)でもつけやすいシンプルタイプが人気です。
詳しくはこちら
4天然石アクセサリー
色々な運勢的な意味を込めてプレゼントできるアイテム。自作できるのも魅力。
詳しくはこちら



同じカテゴリ「 彼氏との関係 」内のおすすめ記事



スポンサードサーチ


サブコンテンツ