彼氏と結婚貯金で同棲する時・失敗しない貯金額の目安とコツ

1

彼氏と結婚するために同棲する時。失敗しない貯金額の目安と、貯金を成功させるためのポイントをまとめます。

 

 

貯金の目安

実際に貯金を始める前に、どれぐらいまで貯金するか?という目標設定をしっかりしておきましょう。

一般的に結婚式でかかる費用は、披露宴も行う場合だと約300万円程度が相場。ご祝儀や親からの援助があるとしても最低でも100万円程度は自分達で貯金しておきたいところ。

これに加え、新居へ引っ越す場合や新居を建てる場合には、さらに諸費用が必要となってきます。

最低100万円程度は貯めつつ、新居への引越しや出産等、その後の未来に控える出費に備えて継続的に貯金はしていきたいところですね。

▶関連:彼氏と結婚するまでに二人で貯金するべきお金はどれぐらい?

 

スポンサードサーチ

 

同棲で貯金を成功させるコツ

続いて、同棲中に貯金する場合、失敗せずにしっかり貯めるためのポイントやコツについてまとめます。

親に宣言する

結婚を前提としているなら、同棲する前にお互いの親に事前に許可を貰っておくべき。

また、そのタイミングに合わせて、「自分たちでしっかり貯金をします!」という事を宣言しておきます。

これは、心理学の世界で言うところの「宣言効果」と呼ばれる方法で、何か目標をたてる時には、自分以外の誰かに宣言しておく事で、その目標から逃れらないようにするというもの。

言ってしまう時に、当然プレッシャーを感じてしまいますが、その分、貯金成功率はかなり上がります。

貯金日を決める

例えば、お互いの給料日や、月末日等を「貯金日」として決めてしまうようにして、必ずその日にお金を出すようにします。

給料日にお金が支払われる事がルールであるのと同じく、自分たちでお金を出す日をルール決めしてしまう形です。

貯金日を忘れないために、リビングにカレンダーを貼っておき、赤丸をしておくだけでも効果的。

貯金をあえて手元で管理

貯金するお金を銀行に預けずに、共有で管理する封筒等に入れて保管するのも一つの方法。

月日が経つにつれて、徐々に封筒の厚みが増していくので、貯金欲求が薄れにくくなります。

但し、家で保管する分、防犯対策や紛失してしまわないように十分に注意し、またお互いにそれを理解した上で行う事をおすすめします。

貯金以外のお金は自己管理で自由にする

貯金以外のお金の使い道も、貯金で挫折してしまいわない方法です。

貯金に関しては、これまで説明したような目標貯金額や、それを月割した金額を設定し、貯金日に入金。そして、そのルールは絶対です。

但し、その他のお金については「貯金をさらに増やすために節約しておこう…」とか「遊びに行くぐらいなら貯金に回そう」等と考えずに、お互い自由に使えるようにします。

しっかりお金を使うところは使って、無駄にストレスを貯めないようにするという事です。

 

スポンサードサーチ

 

売れ筋「プレゼントランキング」
4自分でデザインできる革財布
13色の本革を組み合わせて自分で作る財布。スマホからでも簡単に作成して、そのまま注文できます。
詳しくはこちら
4お揃いのアクセサリー
名入れもOKなペアアクセサリーは、男性(カレ)でもつけやすいシンプルタイプが人気です。
詳しくはこちら
4天然石アクセサリー
色々な運勢的な意味を込めてプレゼントできるアイテム。自作できるのも魅力。
詳しくはこちら



同じカテゴリ「 彼氏との関係 」内のおすすめ記事



スポンサードサーチ


サブコンテンツ