「ケース別」彼氏との同棲で失敗しないおすすめの間取り4例

5

彼氏と同棲生活を始める時に気になるのが部屋の間取り。

特に、賃貸に引っ越して同棲スタートをする場合にはどんな間取りが最適なのでしょうか?それぞれのケース別にまとめてみました。

 

 

1K

とにかく安く家賃を抑えたいカップルにはこの場所一択。

基本的には二人で住むような環境ではなく、二人で契約できる場所も少ないはずなので要注意。

特に女性が気になるのは、洋服の収納スペースの少なさ。必要な洋服だけを持ってきて、後は実家に置いておく等の工夫も必要になります。

 

1LDK

1kよりも現実的で、家賃を抑える事ができる間取りとして人気。

一部屋ではなく、リビングスペースがあるので、ご飯を食べる所、ベッドでゴロゴロする所等、分ける事が可能。

但し、あくまでも寝る場所は1箇所なので、二人で一緒のスペースで過ごす時間はかなり長いです。

「結婚資金を絶対に貯める!」等の明確な目標がある時にはこの間取りで。そしてダラダラと過ごさないように、しっかり賃貸を終了する時期も決めておく事もポイント。

 

2DK〜

お互いの生活時間帯に大きくズレがあるなら、絶対にこの間取りにすべき。

1人1部屋は確保されているので、お互いの個人的な時間もちゃんと確保する事ができます。

どちらかの部屋のベッドサイズを大きめにして、お互いの時間が合う時には、1DK間隔で一緒に部屋に。

そうでない場合には、それぞれ別々の部屋を使うようにするのがおすすめ。

今の生活リズムを乱さずに、同棲を始めるならこのタイプ。逆に生活環境を一新してでも、貯金したいなら適さない間取りです。

 

3LDK

同棲というより、その後に結婚を控えている事が決定しているならこのタイプがおすすめ。

部屋数に余裕がある分、子供ができた時でもそのままの場所で対応する事ができる点が魅力です。

 

スポンサードサーチ

 

彼氏と彼女の「間取り」事情

 

スポンサードサーチ

 

売れ筋「プレゼントランキング」
4自分でデザインできる革財布
13色の本革を組み合わせて自分で作る財布。スマホからでも簡単に作成して、そのまま注文できます。
詳しくはこちら
4お揃いのアクセサリー
名入れもOKなペアアクセサリーは、男性(カレ)でもつけやすいシンプルタイプが人気です。
詳しくはこちら
4天然石アクセサリー
色々な運勢的な意味を込めてプレゼントできるアイテム。自作できるのも魅力。
詳しくはこちら



同じカテゴリ「 彼氏との関係 」内のおすすめ記事



スポンサードサーチ


サブコンテンツ