彼氏と遠距離恋愛中で「LINE」をする時に気をつける事7つ

1

彼氏と遠距離恋愛をしている時に、お互いの連絡手段としてLINEを使う場合は多いはず。

ですが、実際にLINEを使う時には、恋愛を続けていくうえで意識しといた方が良い事があります。

 

 

時間や回数を決めて行う

LINEをいつやるか、どれぐらいの回数やるかをはじめからルール決めしておきます。

特に、チャットのようにリアルタイムでやる場合には必要で、この辺りを決めておかないと、お互いの都合によっては毎日やる事が面倒になる場合も。

 

既読ルールを決めておく

LINEで一番起こりやすいのが、「既読がついているのに返信がない」事へのストレスや、そもそも既読すらついていない事へのストレスも。

はじめから「既読スルーはしないようにする」とルール決めしておくか、「既読は○○までに返すようにする」等と決めておくようにします。

 

長文にしすぎない

男性側は、メールやLINE等の文章入力をとても面倒に感じるもの。

相手があまりにも長文すぎると、それに対して文章を返す行為自体が苦痛になってしまうかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

短文にしすぎない

長文はNGですが、彼が送ってきたメッセージに対して、短い文章になりすぎるのも考えもの。

同時にLINEをしていて、チャットのような使い方をしている時は、こんな短文やスタンプでのやりとりもあります。

ただ、メールのようにお互いが同時に使っていない場合は、文章が短すぎると「素っ気なさ」を感じてしまうかもしれません。

 

一方的な感情ばかりを伝えない

特に遠距離恋愛中は「寂しい」や「辛い」という感情が先走りがち。

こういった感情は、文章だけで伝えていると変に「重く」とらえられてしまったり、違ったとらえられかたをされてしまう場合もあるので注意が必要です。

 

「文章の取扱い」に注意

「一方的な感情ばかりを伝えない」での事と同様に、直接話す時と、文章だけで伝える事を比べると、「文章だけ」は相手の捉え方によって色々なニュアンスに変化します。

時には、LINEでの何気ない一言が相手にとって良くない影響を与える場合も。

こういった事故を防ぐためには、LINEでのやりとりは、本当にカジュアルなものだけに限定し、それ以外の話題は「直接電話で話すようにする」等と決めておくのが良いかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

売れ筋「プレゼントランキング」
4自分でデザインできる革財布
13色の本革を組み合わせて自分で作る財布。スマホからでも簡単に作成して、そのまま注文できます。
詳しくはこちら
4お揃いのアクセサリー
名入れもOKなペアアクセサリーは、男性(カレ)でもつけやすいシンプルタイプが人気です。
詳しくはこちら
4天然石アクセサリー
色々な運勢的な意味を込めてプレゼントできるアイテム。自作できるのも魅力。
詳しくはこちら




同カテゴリ彼氏との関係内の人気記事



スポンサードリンク

サブコンテンツ