片思いの男性とデートに行きたいっ!かなり自然な誘い方5つ

1

片思いの意中の男子をデートに誘いましょう。変に思われる事なく、ごくごく自然に誘いだせるおすすめの方法をまとめました。

 

 

「別の用事」を口実にする

定番の方法ですが、自然でさり気なく行いやすい方法です。特に「家電系」を用事にもってくると誘いやすくやりやすいです。

「新しいパソコン欲しんだけど、一緒に見に行ってくれる?」「見ても分からないから、教えて欲しいんだけど」のような形で、ヨド◯シやビッ◯カメラについて来てもらいます。探してもらったお礼に、その帰りに「ご飯おごるね」のような形で誘うという方法です。

もともと家電系が得意な男子が多いこと。自分が頼られている事が嬉しいこと。当初の目的が「ご飯に行く事」ではなくて、「家電のアドバイスをする事」なので、行きやすい事など複数のメリットがあります。

ご飯を奢る場所も、立ち飲み系や居酒屋系など、男子側に合わせたリラックスできるところを選んでくれると好感触。男性のガードを緩めつつ共通の趣味等を探りだして、次回のデートの約束までいってしまえるかも。

 

「一人で行けない事」を口実にする

「別の用事」系と似たテクニックですが、自分一人では行けない・自分一人では分からない事を理由に誘い出すパターンです。

「美味しいと噂のご飯屋さんがあるんだけど、一人じゃ行きにくい雰囲気らしくて…一緒にきてくれない?」「カップルだらけで、女一人だと恥ずかしいから」のような口実で誘い出します。

一人で行けない理由が自然である事は大前提として、そんな場所に行く相手を自分を選んでくれた。という「特別感」が男心をくすぐります。

 

スポンサードリンク

 

「仕事の悩み」を口実にする

シンプルに仕事上の悩みの相談にのってほしい。と誘い出すパターン。

本当に迷ってる案件がある。ここの会社の将来に不安がある。◯◯さんとうまくいってない。など、リアルな悩み(またはありそうな事)の内容である事と、「重すぎない」内容である事のバランス感覚が大事。

意中の男性が得意としてそうな内容で、相談するとより誘いやすくなります。

 

時間限定でお願いする

「1時間だけ付き合って!」とストレートに伝えるパターン。

時間限定である事で、相手としても断りにくくなり、負担にも感じにくいためそもそも断る気持ちがなくなってきやすくなります。(心理学的にも実証されてるのだそう)

「別の用事」「一人で行けない事」「仕事の悩み」等の口実系テクニックとの合わせ技も使いやすい方法です。

 

みんなで「お出掛け」して次を狙う

二人きりのハードルが高そうであれば、まずは複数人と一緒にお出かけするのも一つの方法。

「みんなでバーベキュー行かない?」「みんなで飲みに行かない?」など、色々な方法が感がれられそうですね。

最初はみんなで出掛けつつ、その集まりの中で意中のカレと距離を縮めれれる努力をする必要がありますが、その時もこれまで紹介してきたテクニックを組み合わせて、次につなげる事ができます。

 

スポンサードリンク

 

売れ筋「プレゼントランキング」
4自分でデザインできる革財布
13色の本革を組み合わせて自分で作る財布。スマホからでも簡単に作成して、そのまま注文できます。
詳しくはこちら
4お揃いのアクセサリー
名入れもOKなペアアクセサリーは、男性(カレ)でもつけやすいシンプルタイプが人気です。
詳しくはこちら
4天然石アクセサリー
色々な運勢的な意味を込めてプレゼントできるアイテム。自作できるのも魅力。
詳しくはこちら



同じカテゴリ「 シチュエーション別 」内のおすすめ記事




スポンサードリンク

サブコンテンツ