彼氏との「遠距離恋愛」をむしろ楽しむ!5つのコツ

3

彼氏と遠距離恋愛をしている期間に、遠距離恋愛を楽しめるようになるためのコツや秘訣をまとめました。

photo bykоnstantin

 

 

「会えない時間」という考え方をやめる

遠距離恋愛をやり始めると、これまで当たり前のように会えていた時間は大幅に少なくなり、彼氏と会えない時間の方が圧倒的に増えてしまうもの。

ですので、ついつい「会えない時間」について考えてしまい、余計に寂しくなってしまいがちです。

こんな風に彼氏に「会えない時間」について悶々と考えしまうと、9割方ネガティブ思考に捉えられてしまうので、別の思考法で乗り切るのがおすすめ。

会えない時間ではなくて「彼氏に会えるまでの準備期間」と考えてみるようにします。

次に彼氏と会った時に、どんな楽しい事をしよう? 早く一緒に暮らせるように、今は頑張る時間! という考え方に思考をスイッチするのです。

いつも寂しく思うだけになってしまい、何も行動しないよりも、遥かに有意義で今後の彼氏ともっと良い関係を築ける確率も上がります。

 

「上級コースの恋愛」だと思う

「遠距離恋愛」は一般的に恋愛の中でも難しいもの。

あるデータでは、男性の半数以上が「遠距離恋愛を続ける事ができる限度は1年」と思っているぐらいで、持続させる事が難しい恋愛になるのです。

そもそも「遠距離は困難であること」という事を彼氏も自分もしっかり認識した上で、「私たちは、みんながなかなか出来ない事に挑戦している!」というような気持ちでやってみるようにします。

困難である分、この逆境を乗り越えると、普通のカップル以上により親密でお互いに理解し合える関係を作る事ができるはずです。

 

スポンサードサーチ

 

自分を磨きの時間にする

彼氏と会えない時間は、しっかりと自分を磨く時間にあてるようにします。

逆の見方をすると、彼氏にべったりになってしまっている人生は、自分が経験できたかもしれない事を見逃してしまっている人生になっていたかもしれません。

例えば、結婚をした後で子供もできたとなると、お互いが自由に使える時間はほぼなくなります(少なくとも数年は)。「仕事で忙しいから」「勉強で忙しいから」と思ってた時期が懐かしく感じるほど。

貴重な自分磨きの時間を逃してしまわないように、仕事的な事も趣味的な事も存分に楽しむようにします。

彼氏も自分も、遠距離をそんな時間にあてる事ができたら、次に合う時の話題や共通のネタももっと増やす事ができそうですね。

 

ラバーズダイアリーを活用

1
ラヴァーズ・ダイアリー―恋するふたりの365問

「楽しむ方法」や「楽しむ思考法」を行いつつも、ふとした瞬間に寂しさを感じてしまう事もあるかもしれません。

そんな時におすすめなのが、ラバーズダイアリーをつけること。

いわゆる交換日記ですが、すでにいくつかの質問事項があり、それをお互いに埋めるようにして作っていきます。

彼氏と合うたびにこの日記を交換して、お互いの知らない意外な一面や、お互いに考えるべき事がはっきりしていくはずです。

LINEやSkypeでのメッセージのやり取りも良いですが、アナログなメッセージ交換はSNSとは違った魅力があります。

普段は、交換日記等やってくれなさそうな彼氏でも、「遠距離中だから」という理由づけが出来るので、比較的抵抗なくやってくれるはずです。

 

会えた時間を存分に楽しむ

遠距離恋愛を楽しむコツは、何よりも「会えた瞬間」を大事にする事。

しっかりメイクもしてオシャレもして、その時間をお互いに楽しむ事が一番です。

普段どおりのまったりデートでも良いですが、できれば前もって特別なレストランを予約しておいたり、いつもはなかなかいけない贅沢な旅に行くのも良いかも。

滅多に会えない分、その日を全力で楽しんで、しっかりと「楽しい思い出」を刻む事が大事。次に合う時は、もっと楽しい事ができるように、これまで紹介したような行動で、それぞれの時間を有意義に過ごすのがおすすめです。

 

スポンサードサーチ

 

売れ筋「プレゼントランキング」
4自分でデザインできる革財布
13色の本革を組み合わせて自分で作る財布。スマホからでも簡単に作成して、そのまま注文できます。
詳しくはこちら
4お揃いのアクセサリー
名入れもOKなペアアクセサリーは、男性(カレ)でもつけやすいシンプルタイプが人気です。
詳しくはこちら
4天然石アクセサリー
色々な運勢的な意味を込めてプレゼントできるアイテム。自作できるのも魅力。
詳しくはこちら



同じカテゴリ「 彼氏との関係 」内のおすすめ記事



スポンサードサーチ


サブコンテンツ