遠距離恋愛中に彼氏が「面倒…」と感じない電話で話す内容

2

遠距離恋愛中にカレと電話する事はよくあるもの。

彼氏との遠距離電話で、男性側がマンネリ化を感じてしまわないような会話の方法は、次のような事を意識してみて下さい。

 

 

基本的に男性は話し好きではない

一般的に男性は女性に比べて、「会話好き」な人は少ないもの。

女性のストレス発散方法は、友達と喋ったりする事ですが、男性の場合は「1人の時間を持つ事」だったりもします。

ですので「基本的に電話をするのは面倒なもの」と事前に思ってお事が、彼氏に面倒だと感じさせないための第一歩です。

 

二人共通の話題で話す

遠距離中は相手が近くにいないだけに、どうしても疑心暗鬼になってしまいがち。

こんな風になってしまう事を避けるためには、なるべく「本人だけの話題」ではなく、お互いが知っている共通の話題だけを話すようにするのがコツ。

「本人だけの話題」は、例えば「この前、誰々と遊びにいった」や「みんなで飲みに行った」等の話題です。

特に、遠距離についてナイーブになっている時期には、こんな内容の話題はタブーになります。当然、NG会話をする機会が増えるほど、彼も電話をする事自体が面倒になるはず。

 

スポンサードリンク

 

モーニングコールにする

もとから「喋ること」に積極的ではない彼には、長時間の長電話はやらない方が良いです。

ですので、夜に電話するのではなくて、あえてモーニングコールのような時間限定で短く区切れる時間のみにする方法がおすすめ。

彼氏と遠距離恋愛中に怖いマンネリを解消して長続きするコツ」で説明したように、彼とのマンネリ化を防ぐためには、なるべく「接触回数」を増やすのがポイント。

そんな意味でも、短い時間で毎日、彼と「接触回数」を増やせるモーニングコールが良いという事になります。

 

たまにOFFの日も作る

「電話をする頻度」をなんとなく電話するのではなくて、「週に○回」とか「何曜日は電話の日」のように決めておくのがおすすめ。

「モーニングコール」のように毎日電話する場合でも、たまにOFFの日を作っておく事で、電話をする事自体が作業的になってしまうのを防ぐ事ができます。

「電話をしなくてはいけないから電話する」という状況は、例え男性ではなくてもめんどくさくなってしまうはずです。

 

スポンサードリンク

 

売れ筋「プレゼントランキング」
4自分でデザインできる革財布
13色の本革を組み合わせて自分で作る財布。スマホからでも簡単に作成して、そのまま注文できます。
詳しくはこちら
4お揃いのアクセサリー
名入れもOKなペアアクセサリーは、男性(カレ)でもつけやすいシンプルタイプが人気です。
詳しくはこちら
4天然石アクセサリー
色々な運勢的な意味を込めてプレゼントできるアイテム。自作できるのも魅力。
詳しくはこちら




同カテゴリ彼氏との関係内の人気記事



スポンサードリンク

サブコンテンツ