アクセサリー感覚で使える!30代男性に人気のブランド「腕時計」10選

今回は、アクセサリー感覚で使える、デザイン性の高い腕時計を紹介します。

いろんな時計を持っている30代の彼が喜ぶモノをまとめました。



1:TACS(タックス)


ネイチャーエル

「TACS」は、日常の中にこそ卓越したデザインがある」とコンセプトにしたブランド。

これは、文字盤もレザーで出来た腕時計です。レザー刻印でインデックスを印字し、木材から削りだしたかのような雰囲気に。

独特の質感が魅力的なアイテムです。

 

2:DIESEL(ディーゼル)


TIMEFRAMES

個性的で斬新なデザインが魅力的な「DIESEL」。

これは、立体的なレイヤードダイヤルは、戦闘機の操縦席に並ぶ計器類からインスパイアされた“メガチーフ”です。

ネイビーフェイスとブラウンレザーの組み合わせが◎。センスある贈り物になりますよ!

スポンサードサーチ

 

3:KOMONO


The Lewis Dark Slate

2009年にベルギーでスタートしたユニセックスのアクセサリーを展開するブランド。

性別や年齢を問わず楽しめる、ユニークなデザインのコレクションを発表しています。

これもその一つで、文字盤とストラップに天然の「火成岩」と「鉄平石」を使用した腕時計です。

何とも言えない、淡い色合いが魅力的な逸品に。個性派の彼にオススメです!

 

4:FORTUNATO(フォルトゥナート)


Antique Wax Dial 44mm レザー文字盤

2013年に香港でスタートした「FORTUNATO」。

これは、レザーを使った文字盤の腕時計です。

長年レザーベルトの製造に携わってきたデザイナーが手掛けたモノ。様々な皮革の特性を知り尽くしたからこそ出来上がったアイテムです。

経年変化を彼と一緒に楽しんでくださいね。

 

5:NIXON(ニクソン)


ロトログ

60年代のアメ車の内装に使われていたウッドパネルから着想を得たウォッチ

NIXONらしいセンスある腕時計です。

赤みを帯びた木材とブラックの組み合わせは、上品に。ブレスレット感覚で付けたくなるアイテムです。

スポンサードサーチ

 

6:ISSEY MIYAKE(イッセイミヤケ)


メンズ腕時計

日本を代表するファッションブランド「ISSEY MIYAKE」と世界で活躍するデザインナー「吉岡徳二氏」によって生み出された腕時計です。

深みある彫刻的な造形と削り出しした金属の塊、インパクトある重厚感が特徴

圧倒的な存在感があるアイテムです。

SEIKO製なので、デザインだけでなく性能もバッチリ!

 

7:ALIVE ATHLETICS(アライブアスレティックス)


腕時計

正三角形のケースを使用した、珍しいデザインのウォッチ。

この腕時計のユニークさは、デザインだけではありません。

月の満ち欠けを文字盤に表示させる機能が。だから、月の周期に合わせて、色んな月が楽しめます。

天体好きの彼が喜びそう。

 

8:Tense (テンス)


腕時計

環境に優しい物づくりをするカナダブランド「Tense」。

この時計は、白檀で作ったランドウォッチです。

ブラウンとグリーンの色合いが、絶妙な組み合わせに。木製なので、優しい雰囲気があるアイテムです。

スポンサードサーチ

 

9:FORTUNATO (フォルトゥナート)


44mm レザーダイヤル クロノグラフ

イタリアン・ベジタブルタンニン・レザーを使用した文字盤が特徴的なアイテム。

シンプルでスタイリッシュなデザインなので、どんな服装にも似合います。

そして、Braided Collectionのレザーバンドとの組み合わせも◎。ワンランク上のコーデになりますよ。

 

10:DIESEL(ディーゼル)


TIMEFRAME

「DIESEL」といえばデニム。

そのデニムをストラップに使用した腕時計です。

ミリタリースタイルをシンプルに楽しめるアイテムですよ!

スポンサードサーチ

 

シーン別で選ぶ!彼氏にオススメのブランド腕時計

「カラー」や「シンプル」、「大学生向け」などこだわりの条件別におすすめの腕時計を紹介しています。

「どんなのがあるのかな…」と参考程度に見てくださいね↓

売れ筋「プレゼントランキング」
4自分でデザインできる革財布
13色の本革を組み合わせて自分で作る財布。スマホからでも簡単に作成して、そのまま注文できます。
詳しくはこちら
4お揃いのアクセサリー
名入れもOKなペアアクセサリーは、男性(カレ)でもつけやすいシンプルタイプが人気です。
詳しくはこちら
4天然石アクセサリー
色々な運勢的な意味を込めてプレゼントできるアイテム。自作できるのも魅力。
詳しくはこちら



同じカテゴリ「 小物 」内のおすすめ記事






サブコンテンツ